ザリガニとずっと一緒にいたい!ザリガニの寿命や長生きさせるコツ

ザリガニ 寿命

 

田んぼや池など、身近なところに生息しており、子供の間でも大人気なのが「ザリガニ」ですよね。

 

ザリガニを飼育することは、動物を世話することの大変さや、生命に関する体験的な勉強になる点など利点が多いと言われています。

 

そんなザリガニですが、飼育下と野生では寿命が大きく異なることをご存知ですか?

 

人間が作り出す飼育環境は、自然で暮らすザリガニにとっては住みにくいとされているのです。

 

ここでは、ザリガニの平均寿命や長生きさせるコツについて紹介していきます。

 

 

1.ザリガニの平均寿命はどれくらい?

 

ザリガニ 寿命

 

子供がザリガニを釣ってきて、「飼いたい」と言われた場合、果たしてそのザリガニをどれだけの期間世話をしなければいけないのかと、疑問に思うこともあるでしょう。

 

そういえばザリガニの平均寿命なんて、日常生活でほとんど考えたことがないので、分からないですよね?

 

一般的にザリガニの寿命は野生下で7〜8年、飼育下で3〜4年と言われています。

 

犬や猫はペットフードが充実したり、医療技術も向上したこともあり、20年を超える個体も出てきました。

 

そう考えると、ザリガニの寿命は短いと感じるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

特に注目に値するのが、天敵もおらず餌も豊富で安心して暮らせる飼育下のほうが寿命が短いという点です。

 

野生と比べると半分程度となっていますから、飼育すると早死にすると分かりますね。

 

世界に目を向けてみると、150年以上生きるザリガニがいるなど種類によっても平均寿命は大きく変わってきます。

 

 

2.環境によってザリガニの寿命が変わる理由

 

ザリガニ 寿命

 

ザリガニは、野生下と飼育下で寿命が大きく変わってくることが分かりました。

 

ではどうして環境によって、ザリガニの寿命が変化するのでしょうか?

 

主に以下に挙げる理由が、考えられています。

 

  • 水質の急激な変化
  • 冬眠せず越冬するから
  • 脱皮後の急死
  • 共食い

 

これらはあくまでも可能性として考えられているものですが、中でも寿命に大きく関係していると言われているのが「冬眠せず越冬する」という点でしょう。

 

野生下のザリガニは水温が10℃を下回ると、体温の急激な低下を防ぐために冬眠をしてエネルギー消費量を極限にまで低下させます。

 

そして暖かくなってきたら自然と冬眠から目覚め、活動を開始します。

 

スポンサーリンク

 

自然と行われている冬眠ですが、飼育下の際に行うのは難易度が高く、ほとんどはヒーターなどで水温を高くし越冬させるのです。

 

すると、今までエネルギー消費量を落としていた冬でも、冬眠せずに活動ができるので、その分成長が早まり寿命が短くなります。

 

だからといって、冬眠をさせようとすると知識が求められますし、個体によっては衰弱死する危険が伴うので、どちらが良いのかは判断が難しいところと言えるでしょう。

 

 

3.ザリガニの寿命を延ばす方法

 

ザリガニ 寿命

 

ザリガニの寿命を延ばすには、どんな点に気を付けたら良いのでしょうか?

 

まず考えておきたいのが、ザリガニを複数匹同じ水槽などに入れると、共食いをするので単独飼育を心掛けるという点です。

 

特に同性同士ですと、子孫を残すために共食いをするので、ザリガニの寿命を延ばしたいのであれば、必ず単独飼育をしましょう。

 

繁殖させるつもりなら、雄と雌をそれぞれ1匹ずつ水槽に入れることもできますが、繁殖させるのは難易度が高いので長生きさせたいなら繁殖させないほうが良いと言われています。

 

また水槽が小さいと、水温が急激に変化しますし、水質の悪化に繋がるため大きめな水槽を選んでください。

 

ザリガニは魚と同じくエラ呼吸をしているので、水深を深くしてエアポンプやろ過フィルターを設置するという方法も、長生きさせるのに有効です。

 

餌を与える際は、水質の悪化から寿命が短くなるのを防ぐために、3分程度で食べきれる餌を1日2回ほどあげてください。

 

脱皮中または脱皮前後は、体がとても柔らかく非常にデリケートな時期です。

 

落下や人間が体を持つことにより、皮膚が傷つき、そして死亡するケースは少なくありません。

 

脱皮の時期は、何もせず見守るようにしてください。

 

ザリガニの寿命を延ばす方法はいくつかありましたので、最後に簡単にまとめておきますね。

 

  • 共食いを防ぐ:単独飼育が理想
  • 水質の悪化を防ぐ:水深を深くして対応する
  • 餌の量に気を付ける:3分程度で食べきれる量をあげる
  • 脱皮中は触らない:皮膚がモロく怪我から死亡に繋がる

 

 

まとめ

 

ザリガニ 寿命

 

ここでは、ザリガニの平均寿命や長生きさせるコツについて紹介していきました。

 

ザリガニは飼育下のほうが、野生下に比べて半分ぐらいしか生きることができません。

 

理由は色々と考えられていますが、冬眠をさせず越冬することが、ザリガニに大きな負担になっている可能性が高いです。

 

ザリガニの寿命を延ばすためのアドバイスも、いくつか掲載しているので確認してみてくださいね。

引き続き、「爬虫類の飼い方や飼育方法」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「爬虫類の飼い方や飼育方法」おすすめ記事


カメ

ザリガニ 寿命 亀の寿命は何年ぐらい?亀が長生きする3つの理由!
ザリガニ 寿命 亀と長く暮らしたい…亀を飼育する上で覚えておきたい5つのポイント
ザリガニ 寿命 亀に最適な住まいを…亀の水槽の選び方や交換時期まとめ
ザリガニ 寿命 初めて亀を飼う人必見!初心者にも飼いやすい亀の種類4選
ザリガニ 寿命 リクガメを飼いたい!リクガメの正しい飼育方法や飼う上での注意点
ザリガニ 寿命 飼育方法で寿命が変わる?ミドリガメの寿命を延ばす飼育方法5選
ザリガニ 寿命 初心者必見!ゼニガメの飼育で注意する5つのポイント


ヤモリ・イモリ

ザリガニ 寿命 どんな餌を与えるべき?ヤモリの飼育で欠かせない餌の与え方まとめ
ザリガニ 寿命 卵から育てたい…ヤモリの卵が孵化する時期や注意点まとめ
ザリガニ 寿命 区別が難しい…イモリとヤモリの違いや見分け方のポイント
ザリガニ 寿命 イモリは何を食べるの?イモリの飼育で欠かせない餌の与え方とは?


カエル

ザリガニ 寿命 カエルの飼育の基本!カエルに餌を与える方法や注意点まとめ
ザリガニ 寿命 カエルの卵を孵化するまで育てる方法とは?育てる際の注意点まとめ
ザリガニ 寿命 アマガエルを育てたい!アマガエルの飼育方法と注意点とは?


カメレオン

ザリガニ 寿命 自宅でカメレオンを飼いたい…カメレオンを飼育する方法や注意点


ヤドカリ

ザリガニ 寿命 オカヤドカリの飼育方法や餌を与える際の注意点まとめ


トカゲ

ザリガニ 寿命 ヒョウモントカゲモドキの飼育で欠かせない餌の種類や与え方
ザリガニ 寿命 トカゲを飼育したい!トカゲが食べる餌の種類や与える際の注意点
ザリガニ 寿命 レオパで癒されたい…レオパを健康的に飼育する方法や注意点


スッポン

ザリガニ 寿命 スッポンと一緒に暮らしたい…スッポンの飼育方法や注意点まとめ


ヘビ

ザリガニ 寿命 カナヘビを飼育したい…カナヘビの餌の種類や与える際の注意点
ザリガニ 寿命 蛇を飼おう!蛇の飼育で用意する物や飼育する上での注意点
ザリガニ 寿命 アオダイショウを飼いたい…アオダイショウを飼育する方法や注意点


タランチュラ

ザリガニ 寿命 タランチュラを飼おう!タランチュラの飼育方法や注意点まとめ


ザリガニ

ザリガニ 寿命 ザリガニは何を食べる?ザリガニに与える餌や飼育上の注意点
ザリガニ 寿命 ザリガニとずっと一緒にいたい!ザリガニの寿命や長生きさせるコツ
ザリガニ 寿命 ザリガニの皮が剥けた…ザリガニが脱皮する時期や脱皮前後の注意点